いちごの栄養と期待される効果

いちごの栄養と効用

寒さが和らぎ美味しいフルーツが並ぶ季節になりましたね。

どのフルーツを購入しようか迷うなか、艶があり甘い香りに誘われて「いちご」を購入しました。

水洗いしてそのまま食べましたが…ちょっと食べきれなかったのでシフォンケーキにも合うようにと思い、イチゴジャム作りに挑戦。

手作りなので好みの甘さに調整でき、砂糖と最後にレモン汁を入れて煮詰めました。

皆様にもいちごジャムを使ったオススメの食べ方とといちごの栄養や効用についてご紹介したいと思います。

⑴いちごの栄養

甘酸っぱさが特徴のイチゴには、「ビタミンC、カリウム、葉酸」などが含まれています。

5〜7粒食べれば1日に必要なビタミンC摂取量を補うことができます。

ビタミンCには抗酸化作用が強くコラーゲンを生成する上でも必要になってきます。

また、葉酸はビタミンBの一種であり血液を作る上で必要な栄養素になってきます。

妊婦さんにとっては必要不可欠な栄養素となります。

⑵いちごの糖分

イチゴには「果糖」とよばれる糖分が含まれており、糖尿病をお持ちの方は1日5粒くらいにしましょう。

なんでもそうですが摂取過多は体によくありませんので適量を心がけてくださいね。

  • いちごの栄養:ビタミンC、カリウム、葉酸などが含まれている
  • いちごの糖分:1日5〜7粒を目安に摂取しましょう

いちごジャムを添えた米粉シフォンケーキ

手作りいちごジャムを添えた米粉のシフォンケーキはいかがでしょうか。

⑴苺×米粉シフォンケーキ

シフォンケーキをお好みの大きさにカットし600Wの電子レンジで30秒ほど温めてから、手作りジャムを注ぎました。シフォンケーキの素朴な味にほんのり甘酸っぱさが加わりいつもと違う味が楽しめます。

是非一度お試しください。

※ドットビーカフェ商品がこちらから購入できます

公式通販 ⇒ https://dotbcafe.stores.jp/

おすすめ記事

  1. コーヒーの栄養と効果
  2. コーヒーゼリーの作り方

関連記事

  1. コーヒーの栄養と効果
  2. グルテンフリーで作るチーズケーキ
  3. 健康って何?WHOにおける健康の定義
  4. コーヒーゼリーの作り方
  5. バリスタ資格を取得

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP