コーヒーの栄養と効果

コーヒーの栄養と効果

春が近づくにつれて気温が上昇してきましたね。

気温が上がるにつれてクールダウンなどを目的としてアイスコーヒーを飲む機会が増えていきます。

日常的によく飲まれているコーヒーだからこそ、気になるのが栄養成分や効用ですよね。

実際にコーヒーに含まれている栄養価や効用についてご紹介したいと思います。

⑴コーヒーの栄養(カフェイン)

カフェインとは、植物に広く存在するアルカロイドの一種であり、コーヒー豆の他にもお茶っ葉やカカオの種子など

にも含まれている成分となります。コーヒーだけでなく緑茶やチョコレートなどにもカフェインが含まれています。

カフェインの作用については、眠気や疲労感の除去・集中力の増加・利尿効果の促進などの効果が期待されます。

各種飲料別カフェイン含有量は以下の通りです。

カフェインを含む代表的な飲料で比較をしてみると玉露についで2番目にカフェイン含有量が多いことがわかりますね。                       資料:五訂増補日本食品成分表

⑵コーヒーの栄養(クロロゲン酸)

その他の栄養については、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」がコーヒーに含まれています。

クロロゲン酸とは、コーヒーの生豆を焙煎したときに生じる酸や褐色成分、香り成分の元となります。

また、クロロゲン酸はコーヒーポリフェノールとも呼ばれておりコーヒーを飲用することでポリフェノールなどが活性酸素を除去し、過酸化脂質の発生を抑える効果が期待されています。

コーヒーによるリラックス効果

コーヒー特有の豊かな味と香りによって気分を安定させ、心身共にリラックス効果が期待されています。

仕事や勉強、また気分転換したいときにおすすめの飲み物です。

リフレッシュしたい時に一杯のコーヒーはいかがでしょうか。

今後も嬉しい健康情報があればみなさんにお届けしていきたいと思います。

※ドットビーカフェ商品がこちらから購入できます

公式通販 ⇒ https://dotbcafe.stores.jp/

おすすめ記事

  1. コーヒーゼリーの作り方
  2. コーヒーの栄養と効果

関連記事

  1. コーヒーゼリーの作り方
  2. 健康って何?WHOにおける健康の定義
  3. いちごの栄養と期待される効果
  4. グルテンフリーで作るチーズケーキ
  5. バリスタ資格を取得

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。